ママ復職支援・ヘアカラー専門店 COLORIS (カラリス)

TOP お問い合わせ

美容業界は今アナタを必要としています!

当店は美容業界では初めてのママ美容師さんの復職支援を後押ししております。
多分、アナタは、高校か美容学校を卒業し希望と夢を抱き美容師への扉を開いた経験のある方だと思います。
アシスタント時代を経てスタイリストとして活躍したものの、結婚でリタイヤ。
結婚で続けられたとしても妊娠でリタイヤ。
もしくは、スタイリストになる前に何らか理由で夢破れリタイヤ。

でも今このサイトをご覧頂いていると言う事は
もう一度美容師として働いてみたい・・・そんな事を考えられている方だと思います。

アナタが美容師の扉を開いた頃から何年経っているでしょうか。

今35~40歳のアナタでしたら、美容師免許を取った頃は美容師が人気の職業で同級生もたくさんいたと思います。
そしてサロンも人手が足りて、スタッフが辞めてもすぐに次のスタッフが入ってくる時代。
人材に困らない時代でした。
辞める事が当たり前の時代。
女性の場合ですと結婚して妊娠してれでも続ける人はよほど根性のある人でとても少なかったと思います。
労働環境も苛酷でとても家庭と両立できる環境ではなかったと思います。

でも、それは美容業界に限った事でなく、一般社会全体がそうでした。
「女性が結婚し、結婚がクリアできても妊娠したら仕事は続けにくかった」のです。
「寿退社」なんて言葉があり、女性は結婚したら仕事を辞めるのは当たり前でした。

でも、時代は大きく変わりました。
今や、アナタが美容師になった頃とは全然違います。

◎ママが働きやすくなった社会環境

  • 少子高齢化、若者の労働人口の減少により女性(ママ)の労働力が必要
  • アベノミクスの成長戦略に「女性の活躍推進」が掲げられている
  • ワークライフバランスの推進、男性の家事、育児への抵抗感の減少

◎美容業界の人材事情

  • 美容師不足(なりたい若者が少ない)
  • 生産性が高いママ美容師の活躍
  • 高齢化に伴い大人の美容師が支持される(日本人の平均年齢46歳)
  • 指名率の高い女性美容師の確保が必要
  • キッズスペースなどを取り入れたサロンが増加(お客様へのサービスをスタッフにも適応)
  • 「ママ美容師」のブランド化

◎美容業界の多職種化

  • アイリスト、スパニストなど、美容師以外に美容師免許を活かす職種が増えた。

◎美容業界の社会的地位の向上

  • 雇用環境の改善に取り組む
  • 女性の定着率向上がイメージアップに繋がる

◎将来の美容業界人材確保

  • 輝くママを見て子供が憧れる職業になる

それらの理由から、ママになっても美容師だった経験、美容師免許を活かす仕事はたくさんあります。

ただ、家族の理解など、越えなければいけない壁はたくさんあると思いますが、是非、ふたたび美容師として、また美容師でなくても、このサイトでのご縁をきっかけに、
美容師免許を活かして輝いた人生を送って頂きたいと思います。